西洋アンティーク・ブランドを東京で買取|いろはや

西洋を代表する磁器「マイセン」

  • HOME
  • 西洋を代表する磁器「マイセン」
西洋を代表する磁器「マイセン」

お祝いでいただいたけど使っていない洋食器など、自宅で眠っている西洋アンティークはありませんか?
洋食器などの西洋アンティークは、鑑定に出すと思わぬ高値がつく場合があります。なかでも、高級磁器ブランドのマイセンは、世界中で高い人気を誇っています。

マイセンとは?

マイセンは約300年の長い歴史を持つヨーロッパの高級磁器ブランドで、ヨーロッパで初めて白磁製造に成功したメーカーです。17世紀頃のヨーロッパでは白磁は最高の芸術品とされ、王侯貴族が憧れて欲しているものでした。
白磁を製造する技術がなかった当時のヨーロッパは、磁器のほとんどを東洋から輸入していたと言われています。ヨーロッパ各国では白磁の製造を競い合うように行っていましたが、なかなかうまくいかなかったようです。

しかし、その頃のドイツでは国王の命令によって白磁の製造に成功し、ドイツ東部にあるドレスデン地方マイセンに王立の白磁工場が設立されました。これが「マイセン磁器」の始まりとなり、現在では世界に名を馳せる高級洋食器ブランドとして人気を集めています。

西洋食器「マイセン」の特徴

マイセンの食器は輝くような白磁の美しさが特徴です。抜けるような白さと透明感があるだけでなく、優雅で高級感が溢れる見た目は多くの人を魅了しています。また、ロマンチックで飽きのこないデザインも魅力のひとつです。

マイセンは現在も変わらず昔の伝統や技術を守り、採掘からすべての工程を手作業で行っています。
そのため、同じ食器でも全く同じものは存在しません。約300年という長い歴史の伝統を守るだけでなく、使いやすさも追求され、品質向上を目指して新しいシリーズが次々に登場しています。

マイセンが高価な理由

マイセンは手作りでありながら精度が高く、なめらかで硬い磁器です。
また、手書きの絵が変色したり、傷によって染めが変化したりすることがありません。年月を経ても美しさや風格が衰えない点も、高価買取されてる理由のひとつと言えます。

食器だけでなくティーセットや灰皿、陶磁器製の人形など様々な製品が販売され、高価な贈答品として人気が高いため、需要が幅広く安定しており一定した相場で取引されています。

東京でマイセンなどの西洋アンティークを売りたいとお考えなら、是非弊社をご利用ください。
弊社では、西洋アンティークや彫刻、絵画など骨董品・古美術品を幅広く査定買取しています。
東京・千葉・埼玉・茨城・神奈川など広いエリアに対応していますので、お気軽にご連絡ください。

東京で西洋アンティークの買取・鑑定なら【いろはや】概要

会社名 いろはや
所在地 〒155-0032 東京都世田谷区代沢1-29-17
電話番号 0800-500-1688
FAX 03-6676-4555
URL http://www.iroha-ya.com/
業務内容 骨董品・西洋アンティーク・絵画・古美術品・レトロなおもちゃなどの買取
説明 東京を中心に古美術品や骨董品、西洋アンティークなどの査定・鑑定・買取を行っています。豊富な査定経験から西洋画や日本画、油絵、版画、掛け軸などの絵画買取、彫刻などの古美術品は勿論、陶芸作品や焼き物などの骨董品、ブランドの陶磁器・食器などの西洋アンティーク、レトロなおもちゃなど幅広く買取りしております。遺品整理などで出た不用品の処分にお困りの方もご相談ください。

いろはや

  • ■住所:東京都世田谷区代沢1-29-17
  • ■フリーコール :0800-500-1688
  • ■FAX :03-6676-4555
  • ※おかけまちがえのないようご注意ください
メールのお問合わせ
このページの先頭へ