東京で絵画買取|油絵や掛け軸など|いろはや

おさえておきたい!有名な浮世絵師

  • HOME
  • おさえておきたい!有名な浮世絵師
おさえておきたい!有名な浮世絵師

女性を描いた「美人画」や歌舞伎役者などを描いた「役者絵」、各地の名所を描いた「名所絵」など、多種多様なジャンルをテーマに描かれた「浮世絵」。こちらでは、江戸時代に成立した絵画のジャンル、浮世絵を語る上でおさえておきたい浮世絵師をご紹介します。

喜多川 歌麿

美人画の第一人者で、最高峰の美人画絵師として世界的にも有名ですが、生年や出身地など不明な点が多い絵師です。作風は、繊細で優雅な描線がとても特徴的です。ポーズや表情、アングルを追求したことで、遊郭の女性だけでなく茶屋の娘たちの姿も生き生きと描いています。

また身体を省いて顔を中心に描く構図を考え出し、細かな表情だけではなく内面や感情、艶を描こうとしました。
代表作には「寛政三美人」や「江戸の花娘浄瑠璃」などがあります。

東洲斎 写楽

彗星のごとく浮世絵界に現れた天才浮世絵師。
活動期間はわずか10ヶ月という短い期間でありながら、140点程の作品を発表した後、突然姿を消した謎の絵師です。
写楽の描く大首絵は、独特のデフォルメによってモデルの個性や表情を大胆に描き、内面までもあらわにするようなインパクトのある作品が特徴的です。

当時は賛否両論ありましたが、写楽の作品によって大首絵の人気が高まり、後世に多大な影響を与えました。
今では日本を代表する浮世絵師として名を馳せています。「三代目大谷鬼次の江戸兵衛」は最も有名な作品です。

歌川 広重

名所絵の名手と言われる浮世絵師です。
幼くして両親を亡くした広重は、家職である江戸城防火の役職を継ぎますが、後に歌川豊広に弟子入りし浮世絵の世界に入りました。もともとは役者絵や美人画を中心に手掛けていましたが、「東都名所」を発表し、それ以降は名所絵を中心に製作しています。透視図法やトリミング、カッティングを取り込んだ画面構成が特徴的です。

広重の作品でよく使われている藍色の美しさはアールヌーボーの芸術家たちに大きな影響を与え、現代でも「ヒロシゲブルー」と呼ばれ高く評価されています。「名所江戸百景」や「東海道五十三次」は世界的にも有名な作品です。

葛飾 北斎

西洋美術や音楽家にも多大なる影響を与えたと言われる浮世絵界の巨匠です。
天才的なデッサン力と明快でダイナミックな構成、鮮やかな色彩が特徴的です。チャレンジ精神旺盛な北斎だからこそ描けたと言われる作品が多く残され、晩年は肉筆画を中心に手掛け「富嶽百景」という絵本も制作しました。

北斎は90年の長い生涯で3万点あまりの作品を残しており、「富嶽三十六景」といった風景版画や「北斎漫画」など世界的に知られている名作が数多く存在します。

弊社では、東京都を中心に絵画の買取を行っており、日本画はもちろん西洋画掛け軸など油絵・水彩画問わず高価査定いたします。絵画の他にも、彫刻品やアンティーク商品、漆器やガラス工芸品なども買取・査定可能です。価値が分からなくてお困りのもの、査定・買取を依頼したい骨董品などがありましたら、是非弊社へお気軽にご相談ください。

東京で絵画買取なら【いろはや】概要

会社名 いろはや
所在地 〒155-0032 東京都世田谷区代沢1-29-17
電話番号 0800-500-1688
FAX 03-6676-4555
URL http://www.iroha-ya.com/
業務内容 骨董品・西洋アンティーク・絵画・古美術品・レトロなおもちゃなどの買取
説明 東京を中心に古美術品や骨董品、西洋アンティークなどの査定・鑑定・買取を行っています。豊富な査定経験から西洋画や日本画、油絵、版画、掛け軸などの絵画買取、彫刻などの古美術品は勿論、陶芸作品や焼き物などの骨董品、ブランドの陶磁器・食器などの西洋アンティーク、レトロなおもちゃなど幅広く買取りしております。遺品整理などで出た不用品の処分にお困りの方もご相談ください。

いろはや

  • ■住所:東京都世田谷区代沢1-29-17
  • ■フリーコール :0800-500-1688
  • ■FAX :03-6676-4555
  • ※おかけまちがえのないようご注意ください
メールのお問合わせ
このページの先頭へ