東京で骨董品(陶芸や焼き物など)を買取|いろはや

骨董品の適切な保管方法

  • HOME
  • 骨董品の適切な保管方法

骨董品は、小さなキズやシミひとつで買取価格が大幅に下がることがあります。
貴重な骨董品の価値を下げないためには、正しく保管することが大切です。こちらでは、掛け軸・絵画・陶器の正しい保管方法をご紹介いたします。

掛け軸

掛け軸

和紙と表装裂地が糊づけされている掛け軸は、湿気をとても嫌います。

微量の水分があるだけでも耐久性の低下、シミ・カビが発生する可能性があります。保管する際は、丁寧に巻いた後、吸湿性のある桐箱に入れるのがおすすめです。

和室や居間に飾って楽しみたい場合は、直射日光を避け、前に生花などを置かないように注意しましょう。

絵画

絵画

絵画は、湿気と紫外線が苦手です。
保管に適している環境は、温度19度前後、湿度50~60%前後とされています。高温多湿な気候の日本では、とくに適度な換気と温度調節が大切です。高温多湿の場所に保管すると紙が伸縮したりカビが発生したりしてしまいます。

しかし、乾燥しすぎると絵の具がひび割れを起こしてしまうので注意しましょう。また、直射日光は変色・色褪せ・材質の劣化を進行させます。
保管の際には、黒い布をかけて湿気がこもらないように縦置きにする方法がおすすめです。

壁に掛けて楽しむ場合はキッチンや窓際を避け、紫外線の当たらない場所を選びましょう。

陶器

陶器もまた、湿気や極端な乾燥を苦手としている骨董品です。
空気中の湿気が陶器の隙間に入り込むことで、シミやひび割れが生じることがあります。直射日光も苦手としており、長期間紫外線を浴びるとツヤが消え、独特の風合いを損ねてしまいます。

また、保管する場合は落下による破損を避けるために、あまり高い場所へ保管しないように注意しましょう。

弊社では、東京都を中心に絵画や西洋アンティーク、現代の陶芸作品や焼き物、古い時代の彫刻品、レトロなおもちゃまで幅広く鑑定・買取を行っております。関東地区からのご依頼であれば、即日の相談にも対応いたします。
遺品整理や自宅の片付けで処分に困っているものがありましたら、是非弊社までご連絡ください。

東京で骨董品の買取・鑑定なら【いろはや】概要

会社名 いろはや
所在地 〒155-0032 東京都世田谷区代沢1-29-17
電話番号 0800-500-1688
FAX 03-6676-4555
URL http://www.iroha-ya.com/
業務内容 骨董品・西洋アンティーク・絵画・古美術品・レトロなおもちゃなどの買取
説明 東京を中心に古美術品や骨董品、西洋アンティークなどの査定・鑑定・買取を行っています。豊富な査定経験から西洋画や日本画、油絵、版画、掛け軸などの絵画買取、彫刻などの古美術品は勿論、陶芸作品や焼き物などの骨董品、ブランドの陶磁器・食器などの西洋アンティーク、レトロなおもちゃなど幅広く買取りしております。遺品整理などで出た不用品の処分にお困りの方もご相談ください。

いろはや

  • ■住所:東京都世田谷区代沢1-29-17
  • ■フリーコール :0800-500-1688
  • ■FAX :03-6676-4555
  • ※おかけまちがえのないようご注意ください
メールのお問合わせ
このページの先頭へ